お墓の相談

お墓は永遠の住処です。遺された家族や子孫が手を合わせ、先祖との絆を感じる場所でもあります。そういった大切な場所ですから、じっくりとお墓の将来のことを考えておかなければなりません。
例えば、代々のお墓があるからといって「安心」というのではなく、今後も続く墓地のお手入れや管理費納付などのことも菩提寺や墓地管理者と相談しておく必要があります。
最近では、埋葬後の管理を任せる人がいないとう理由で「樹木葬」や「散骨」「永代供養墓」を希望される方が多いのですが、そのメリットばかりではなく、デメリットも視野に入れ、永遠の住処を決めることをお勧めします。

シニアパートナーズでは「葬祭ディレクターやお墓ディレクター」が責任をもって皆様の希望にかなうお墓を提案いたします。


お墓ディレクターとは

「お墓ディレクター」とは日本石材産業協会が主催する検定制度で、消費者に正しいお墓の知識を伝え、適切なアドバイスができる墓石販売業に携わる人に与えられる資格です。
シニアパートナーズでは専属の「お墓ディレクター」がお墓や納骨、霊園選びなどの相談を受け付けております。
お気軽にご相談下さい。